著作権とは 1

著作権譲渡と著作権利用許諾のちがい
イラストレーターの立場としては著作権利用許諾契約にてお仕事させていただきたいというのが本音です。
クライアント側はイラスト納品後に権利関係がごたごたしないように、著作権の譲渡を求めてきます。
著作者が著作権の譲渡に反対し、利用許諾契約を結ぼうとしてくる、著作権の利用許諾契約でビジネス上問題ないだろうか?といった相談を法律事務所さんもよく受けるそうです。

あまり知られていませんが、イラストと共に著作権も譲渡してしまうと、そのイラストを他者に転売する事も法律的に可能です。ストックフォトなどのビジネスモデルでは、こうしたイラストレーターの不安に配慮する事で広く著作物を集め、クリエイターに著作権を残したままビジネスを行う運営会社もあります。

「著作権の譲渡」と「著作権の利用許諾」は法律上は異なりますが、著作権利用許諾契約の内容・範囲を工夫することで、著作権利用許諾契約であっても相手方のビジネスは十分に成り立つものです。著作権の譲渡にくらべて、著作権利用許諾は相手側にとって弱い権利のように思えますが、著作物の利用範囲がはっきりとしていれば、相手方のビジネスの都合上問題にはなりません。

著作権の譲渡
財産的権利である「著作権」は譲渡することができます。
著作権は権利の束であり、それぞれの権利を支分権(しぶんけん)といいます。
著作権のうちの支分権の一部のみを譲渡したり、著作権を一定期間のみ譲渡するということもできます。
著作権のうち貸与権のみを譲渡する、著作権を1年間だけ譲渡する、などの取引も選択可能です。
著作権は著作者の死後相続されます。
精神的な権利である著作者人格権は著作者本人のための権利であり、譲渡することができず、相続する事もできません。
著作権の利用許諾
著作者は、相手方に著作物の利用を許諾することができます。
著作物の利用許諾は、著作権の譲渡と同様に一般的な著作権の取引方法です。
利用許諾の場合著作権の譲渡はしません。著作者が著作権を保持したまま相手方は利用する事ができます。
著作物の利用許諾契約をする場合は、具体的な利用許諾の範囲を定めることが必要になります。
利用許諾には独占的利用許諾と非独占的利用許諾があります。